文字サイズ

堀江貴文氏 全身麻酔での手術終えた ツイート再開し伝える…12日に救急搬送

 北海道でスノーボード中に腹部の激痛に襲われて救急搬送され、「臍(さい)ヘルニア」と診断された実業家の堀江貴文氏が15日午前にツイッター投稿を再開。前日14日夕方に全身麻酔での手術を受けたことを伝えた。

 術後はICUに入っていた堀江氏は、この日に「ルール的にICUではスマホいじるな令が出てたのでTwitterはやめときましたが手術は昨日夕方にサクッと終わりずっとベッドで寝てました」とツイート。「明日明後日には退院できそう」との見通しを伝えた。

 「でもこれ嵌頓状態になって痛くなる前になんの症状もない時にやるのは勇気いるわ、ってかなかなかやらないわな」と記した。

 堀江氏は12日に北海道でスノーボード中に腹部の激痛に襲われ、救急搬送された。 13日、入院中のベッドの上で撮影した動画をYouTubeにアップ。「臍ヘルニア」で、12日から入院し、14日に全身麻酔で手術を受けることを明かした。

 黒いTシャツをまくりあげて、お腹を見せた堀江氏は、1年半ほど前にへそが「でべそに近い」状態になっていることに気づき、友人の医師に相談。「腹膜にひびが入っている」と診断され、手術を勧められていたが、約1週間の入院が必要と言われ、スケジュールの関係から「忠告を無視し」そのままにしていたという。

 しかし、12日に函館でスノーボードをしていたところ、「何かお腹が痛い」と激痛に襲われた。トイレに行くと、何度も嘔吐。「胆汁」と思われる「黄土色の液体」を吐き、「腸が詰まっているに違いない」と察知したという。へそを見ると、腫れ上がっており、「やばい」と確信。日曜だったため、対応してもらえる病院がなく、激痛にうなされながら救急車を呼んだという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス