文字サイズ

小沢一郎氏、反社にどんな功績?桜問題で安倍首相が説明回避なら辞任求める

 国民民主党の小沢一郎衆院議員が2日、公式ツイッターを更新。社会に功績があった人を対象とした「桜を見る会」にマルチ商法企業の元会長や反社会勢力が招待されていたとされる問題について「どういう功績があったのか?」と問い、安倍晋三首相が自身の後援会を招待したとされる件も含め、予算委員会で説明しないのならば「辞任を」と求めた。

 小沢氏は「マルチ商法や反社会のどこにどういう功績があったのか?『社会に功労があった方々を呼んだから問題ない』と答弁していたではないか」と切り出した。さらに「自分の後援会だけ早めに会場に入れて全部酒を飲ませてしまう。『買収』に、更に輪をかけた醜い行い。全部税金」と後援会の問題についても言及した。

 野党は予算委員会で安倍首相を追求する構えだが、与党はそれに応じない方針。小沢氏は「総理は、予算委員会で説明できないなら、即刻辞任を」と訴えた。同氏の投稿には「与野党攻防という表現は適さない。与党の犯罪的行為の問題。安倍総理には説明責任がある」と主張を補足するリプライもあった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス