文字サイズ

アッコ、眼瞼下垂の修正手術受けた ラジオで報告「まだ腫れが」

 歌手の和田アキ子(69)が19日、ニッポン放送「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」に出演。13日のTBS系「アッコにおまかせ!」出演後に、眼瞼(がんけん)下垂の修正手術を受けたことを明かした。

 同番組で再手術をすると予告していた和田は「(術後)1週間ですけど、まだ腫れが(引いてない)。昨日、抜糸して。朝8時に」と現状を明かした。周囲の人からは患部の変化に気付かれないという。

 また、1週間で体重が2・5キロ増えたと告白。「抗生物質を飲まなきゃいけない。腫れ止めとかあるから。1日3回って言われると、3回も普段食事しないんですよ。2回なんです。食前と食後(の薬)がある。お酒も飲まないから。あまり表で食べてないから。家で好きなもんばっかり食べてますからね」と食事回数が増えたことが理由と明かした。

 和田は、まぶたが垂れて視野が狭くなり、頭痛の原因になる眼瞼下垂と診断されて、昨年11月に手術を受けた。しかし、「ものすごい変な目になった」「納得いかなくて」「メンタルトレーニングにも通った」と手術結果に納得いかず、精神的にも落ち込んでいることをこれまでラジオなどで明かしていた。

 そして、13日の「-おまかせ!」で「去年やったんですけれども、自分の目が嫌で、ずーっと落ち込んでおりました。ホントに病気になりそうだったんで、これを機会にもう一度、修正手術、違う病院で受けたいと思います」と宣言していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス