文字サイズ

結愛ちゃん母・優里被告に懲役8年 元夫のDV影響認めつつ責任を重視

 東京都目黒区で昨年3月、船戸結愛ちゃん=当時(5)=が両親から虐待され死亡したとされる事件の裁判員裁判で、東京地裁は17日、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親優里被告(27)に懲役8年(求刑懲役11年)の判決を言い渡した。元夫による心理的DV(ドメスティックバイオレンス)の影響を認めつつ「責任を大幅に減じる事情とみることはできない」と判断した。

 判決理由で守下実裁判長は、結愛ちゃんは厳しい食事制限によって骨が浮き出るほど異常にやせ、嘔吐(おうと)を繰り返すなどしていたのに、被告は虐待の発覚を恐れて医療措置を受けさせなかったと指摘。児童相談所の関与も拒絶しており「強い非難に値する」とした。その上で、大好きだった母親に救ってもらえず「結愛ちゃんの苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」と述べた。

 優里被告は、頻繁に説教されるなど元夫雄大被告(34)=同罪などで起訴=から心理的DVを受け、逆らえなかったと認定したが「抵抗の態度を示すこともあり、最終的には自らの意思で従っていた」と結論付けた。

 結愛ちゃんがノート片に「ゆるして」などとつづっていたことについては、雄大被告から怒られるのを防ぐために優里被告と一緒に書いたと指摘。「結愛ちゃんの心情をそのまま認定することはできないが、この記載がなくても虐待を受けた心情は十分推し量れる」とした。

 守下裁判長は判決言い渡し後、「結愛ちゃんは戻ってこないけれど、裁判が終わってもあなたの人生は進むから、しっかり考えてください」と語り掛け、優里被告はうなずきながら聞いていた。弁護側は、雄大被告の執拗(しつよう)な心理的DVの影響を踏まえ、懲役5年が相当だと主張していた。

 雄大被告の初公判は10月1日に開かれる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス