文字サイズ

千葉の小中学校が再開 連休明け、停電なお6万戸

 台風15号による千葉県の広域停電で、3連休明けの17日、休校していた各地の小中学校が再開した。約6千戸の停電が続く千葉県八街市では市立小中学校全13校が発生以来、初めて再開し児童らが笑顔で登校。まだ復旧していない市内の小学校3校には電源車をつないで電気を確保した。房総半島南部の南房総市や鋸南町でも一斉に公立小中学校が再開した。

 県や千葉市の13日午前時点の集計では公立小中学校約100校が休校し、県によると、17日時点で14校が再開できていない。千葉県では同日午前9時時点で、約6万4千戸の停電が続いている。菅原一秀経済産業相は閣議後の記者会見で「20日、もしくは27日までにはおおむね復旧する」と見通しを示した。麻生太郎財務相は13億2千万円の予備費で被災地域を支援する方針を明らかにした。

 電源車の配備で再開した八街市立交進小では、児童らは友達との久しぶりの再会を喜び、校内に笑顔が戻った。倒木など危険な場所が残る通学路では、教職員が声を掛けながら登校を見守った。

 午前7時半ごろから約210人の児童が元気に登校した。6年生の高根滉介君(12)は「みんなが元気でよかった」と明るい表情。この間、不便な生活を送っており「電気や水のありがたさを知った」と話した。同小では翌28日に運動会が予定されており「1週間練習ができなかった分、頑張ろう」と意気込む児童もいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス