文字サイズ

すず、きゃりーら愛読の大人気漫画「死役所」初の実写化 原作者も「楽しみ」

 TOKIO・松岡昌宏(42)が、10月スタートのテレビ東京系ドラマ「死役所」(水曜、深夜0・12)で主演を務めることが19日、分かった。あずみきし氏原作の累計300万部を超えるベストセラー漫画の初の実写化。この世を去った者たちが最初に訪れる、あの世の市役所ならぬ「死役所」を舞台に、松岡はそこで働く職員・シ村を演じる。

 原作者のあずみきし氏は、実際に市役所に臨時職員として勤めた経験をもとに「死役所」の構想を練り上げた。松岡とはともにガラケー使用者という共通点もあり「勝手に親しみを感じて」いたという。自身の作品が初めて実写化されることに驚きつつ「テレ東さん×松岡さんの方程式、ビビりながらも楽しみにしています」と期待している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス