文字サイズ

見取り図・盛山 内股コンプレックス告白 友達にモノマネされ…

 お笑いコンビ「見取り図」の盛山晋太郎(33)が19日、ブログを更新。コンプレックスを明かした。

 「デブ」「顔でかい」「字汚い」「肩弱い」「毛量がほぼイエティ」「夢遊病」などと自分のコンプレックスについて「ザッと1800個はありました!」とネタにした盛山。「ガチコンプレックス」としてあげたのが「内股」だった。

 「僕、めちゃくちゃ内股なんです。特に右足。どれだけガリ股を意識して歩いていても、気を抜いたらすぐ左に向きやがるんですよ。僕の右足」と明かした。

 子供の頃から「男のくせに内股なのが嫌で嫌で」とコンプレックスに悩んでいたことを明かした。地元の友達からは「盛山の歩き方」というモノマネで笑いをとられていたという。自身も友達がやるモノマネがおかしすぎて、「他人事のように一番笑ってた」と振り返った。

 内股を矯正しようと思い、整骨院や整体にも行ったことがあるというが、「施術のひとつで、ほぼ蝶野ばりのSTFみたいなことをされたときに、痛すぎるやろ!ほんまか!?こんなん絶対意味ないやろと思い、通うのをやめました」という。

 盛山は「皆様もプレックスとは、うまいこと付き合ってくださいね。短所は長所やぁああ!!!」とつとめて前向きにつづっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス