文字サイズ

ジャニー氏お別れ会は東京ドームで…思い出が詰まった特別な会場

 ジャニーズ事務所は13日、7月9日に亡くなったジャニー喜多川社長(享年87)のお別れの会を9月4日、東京ドームで開催することを発表した。生涯裏方に徹し続けたジャニー氏だが、タレントたちを応援してくれるファンや支援してくれた関係者に、お礼の気持ちを伝える場にしたいとの思いからの開催となる。一般の部もあり、誰でも参列はできる。当日、所属タレントは参列しないという。

 「お別れの会」は『関係者の部』と『一般の部』の2部制。関係者の部は午前11時から、一般の部は午後2時から8時までの6時間を予定している。

 ジャニー氏にとって、東京ドームは思い出が詰まった特別な会場。嵐ら数多くのコンサートをプロデュースした。現在、ジャニーズJr.のプロデュース、育成を手がける“タッキー”こと滝沢秀明氏=ジャニーズアイランド社長=がJr.時代の1999年10月9日、Jr.史上初の東京ドーム公演を実現させている。

 Jr.のリーダー的存在だった滝沢氏は当時17歳。1日限りのJr.公演は、破格の4億円という製作費をかけて開催された。

 滝沢氏は、Jr.時代の東京ドーム公演について、「見える景色が変わると思う。今までのJr.の在り方が変わった瞬間でもあった」と語っている。

 また、例年、大みそかのジャニーズカウントダウンコンサートを東京ドームで開催。多くの所属タレントが一堂に会し、グループの垣根をこえてコラボレーションする姿はファンを魅了し、感動を呼んでいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス