文字サイズ

吉本社長 会見への芸人の不満の声に「真摯に受け止めております」

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、都内で会見を開いた。反社会的勢力の会合に所属芸人が出演し金銭を受け取った問題で、吉本興業側が正式な会見を開くのは初めて。謝罪はしたものの、回りくどい“釈明”に終始した印象のぬぐえない会見内容に、吉本芸人たちからテレビの生放送やSNSで次々と不満や批判の声が次々とあがっていることについても、回答した。

 吉本の所属芸人からは、岡本社長の会見について「血の通った言葉がほしい」「残念」などの不満が噴出しているが、どう思うか?という質問に対して、「真摯に受け止めております。とにかくコミュニケーションといいますか、まず会話を進めていって、理解を得るしかないと思います」と回答した。

 この回答に、質問者からは、“血の通った”答えを求めて再度、質問される展開となった。それに対しても、「(タレントたちと)直接話することも含め、理解得れるまで、会話を続けていけたら」とコメントした。

 トレンディエンジェルの斎藤司は生出演したフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で「僕はこの会社なんだ、と情けない。なんでこんなに、一企業の社長として、なんでこんなに回りくどいことばっかり言って…」「YES、NOの札を最初に渡しておくべきだった」と質問にストレートに答えない姿勢を批判。「(社長には)覚悟がなかった、という感じがして」とあきれた。

 たむらけんじも大阪・MBS「ミント!」に生出演し、「もっと言われたこと(質問)にズバズバッとして(答えて)ほしかった。何か言い訳っぽい」と不満を表明していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス