文字サイズ

ブラマヨ、一番気になるのは…吉本が会見阻止の理由「その説明が一番大事」

 ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬の2人が22日、フジテレビ系「バイキング」で、宮迫博之、田村亮の会見を止めたとされる吉本興業について「一番気になるのは、正直に言いたいと言ったときにアカンと言った理由」と語った。

 番組では冒頭から、宮迫と亮の会見について議論。会見の映像を流しながら、これまでの経緯なども説明した。

 しばらくコメントを挟むことをしなかった吉本所属のブラックマヨネーズだが、小杉はようやく意見を求められると「会見が結構、衝撃的やったから、感情的になりそうなんですけど、冷静に考えると、『引退させるわけにはいかない』とか『後輩の部分は短くする』とか(会社側が言っているのは)会社側も思いがあるんじゃないのかなと思った」と、吉本側も芸人に対する思いがあったかもしれないと想像。

 そして「一番気になるのは、(宮迫、亮が)正直に言いたいと言った時に、アカンと言った理由」と指摘。「それが本当に、会見をしたら何かがあるからやめようとか、何かがあるから、宮迫さん、亮さんを守るためのストップであるという説明があればいいなと」と、会見を阻止したのは2人のためであってほしいと願うコメントも。

 吉田も「その説明が一番大事。そこを言えないのであれば、最終的にクビというのなら、その時から愛があったんかなぐらい思う」とコメント。また、今回の騒動に関係した芸人の子供が「学校にも行けない状態になってる」ことも明かし、だからこそ「自分らがついた嘘から始まったことやけど、その責任を取るためにも早く謝りたいという気持ちがメチャメチャ分かるんですけど…。何で会社は分からなかったのか」と語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス