文字サイズ

関根勤、再び血管に異変発覚 3年前は冠動脈狭窄で手術も別血管に…

 22日放送のTBS系の医療バラエティ「名医のTHE太鼓判!SP」(月曜、後7・00)で、タレントの関根勤(65)が人間ドックを行い、血管に異変が見つかった。

 3年前、関根は冠動脈狭窄(きょうさく)で、手術を受けている。心臓につながる大きな3本の血管が悪玉コレステロールなどが詰まり狭くなる病気で、当時、うち2本に異常が見つかっていた。現在は3カ月に1回の定期検診を受け、適度な運動を心掛けているというが、今回、再び血管に問題が発生。しかも前回とは別の血管に異変が見つかった。

 現在、関根の生きがいは孫。娘でタレントの関根麻里(34)が2015年に出産した長女は現在3歳で、「(孫の)成人式まで生きたい」と話す。しかも麻里は現在第2子を妊娠中で10月に出産を控えており、祖父として孫たちの成長が何よりの楽しみだ。

 そんな矢先に、再び判明した血管の異常。しかも、脳梗塞を引き起こす恐れのある頸動脈の狭窄がみられた。関根に宣告された余命は?可愛い孫たちの成人式を見届けることはできるのだろうか。

 関根の夢をつなぐべく、医師たちは、血管の若返りや脳梗塞の予防への効果で注目されている、ある夏野菜を紹介する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス