文字サイズ

松本人志「うちの浜田が本当に…」笑いも忘れず事態収束へのレール敷く

 ダウンタウン・松本人志が21日、フジテレビ「ワイドナショー」(毎週日曜、午前10時)に生出演した。

 20日、反社会的勢力の宴席での闇営業が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が会見。これを受け番組は急きょ、緊急生放送となった。

 会見では宮迫と亮が号泣しながら全面謝罪するとともに、吉本興業から受けた圧力も告発した。これを受け、松本は「悪から善とは思えない」と前置きした上で、「吉本の牙城がこれから壊れていくと思った」「時代を読み間違えた会社なのかな」などと、会社の対応を批判。20日深夜に吉本興業の上層部と会談し、「岡本社長に会見をさせなさい。絶対にだめ。そうしないとこの会社はだめ」と、要望したことも明かした。

 1時間の生番組では厳しい態度を示し、MCを務める東野幸治も涙を流した。一方で、松本は「うちの浜田が本当に…。二度と帰ってこないでほしい」、「岡本には陣内が一番、嫌われてますけどね」、「近い将来、岡本社長と宮迫が乳首相撲をやることですべて解決する」などと笑いも誘い、重苦しい空気を和ませた。

 22日に岡本社長が会見を行うことも発表。問題は1カ月以上も長引いていたが、松本が事態収束へレールを敷いた格好となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス