文字サイズ

坂口杏里 自殺未遂後の心情を告白「生きていて良かったよ」

 6月30日にフジテレビで放送された「ザ・ノンフィクション ワケあって…坂口杏里」に出演した坂口杏里(28)が同日深夜、ツイッターで「人生何度でもやり直せます」とメッセージを発信した。

 芸能界復帰を目指して今年、バンド「杏里爆発」で音楽活動を始めた杏里は、「ザ・ノンフィクション」で昨年9月に自殺未遂を起こしたこと、「夜のお仕事」をしていることなどを赤裸々に明かした。

 ツイートでは「ザ・ノンフィクション見ていただけたでしょうか?人生、何度でもやり直せます。遅いことなんてありません。私もリアルタイムで見てママが映る度に涙がでました。みなさん、もう一度言います。人生何度でもやり直せます。」と、母でスター女優だった故坂口良子さんの姿に泣いたことを告白。

 続くツイートでは「生きていて良かったよ。あのまま遺書書いたまま、自殺未遂して、でも生きててよかった。」と自殺を図った後の心情を明かし、「でもたまにママに会いたいよ!」と、良子さんへの慕情をつづっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス