文字サイズ

小林幸子「縦揺れの後に横揺れ」新潟・山形の大地震 鶴岡市のホテルでとっさに避難

 18日夜に起きた新潟県で最大震度6強を観測した地震から一夜明けた19日、山形県鶴岡市内のホテルで、震度6弱の地震に遭った歌手・小林幸子(65)が19日、帰京して羽田空港で取材に応じた。同県酒田市でのコンサート後に、鶴岡市のホテルの部屋で食事を終えたタイミングで、地震が発生した。

 仕事先で“被災”した小林が恐怖の瞬間を回想した。酒田市でのコンサート後に、鶴岡市のホテル5階の部屋で食事を終えたタイミングで、地震が発生。「本当にビックリしました。(大地震に)直撃したのは初めてで、怖かったです。縦揺れの後に、横揺れが来て。悲鳴は出てこなかったけど、息をのみました。どうしたらいいか分からず、クローゼットに入ってました」ととっさの避難を振り返った。火災やガス漏れの恐れもあったため、館内放送に従って非常階段で1階に降りて、駐車場で1時間ほど過ごしたという。

 「(警戒が)解除され、部屋に帰ってきてからの方が怖かった。主人と電話で話しましたが、トラウマになるんだなって。余震が来ると思って、パジャマではなく、すぐに出られるようそのままの格好で寝てました」。自身やスタッフにケガはなかったものの、不安な夜を過ごして、「どんなときに何が起こるか分からない。心の準備はしておくべき。とはいっても、私はウロウロしてるだけだったので、情けない」と教訓を胸に刻んだ。

 新潟県出身の小林は、2004年の中越地震の被災地復興に尽力してきたが、再び故郷が激しい揺れに襲われただけに、「本当に複雑です。ふるさとのことを思うと、すごくつらい」と神妙な表情。親戚や知人に連絡を取って無事を確認したといい、「復興のために稲作をやって、『幸子米』をほかの被災地にも渡してましたが、また新潟の人に渡すのはつらい。これ以上、被害が広がらないでほしい」と願っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス