文字サイズ

ビートたけし離婚成立 再婚は否定、財産はほぼすべて夫人へ

ビートたけし
午後3時頃出発。たけしは乗っていなかった(一部画像処理しています)
2枚2枚

 タレントのビートたけし(72)が、妻の幹子さん(68)と離婚していたことが12日、分かった。関係者がデイリースポーツの取材に対して認めた。たけしの財産は、ほぼ全額幹子夫人に分与されたという。

 たけしは昨年3月、自ら設立した所属事務所「オフィス北野」から独立し、一部で「愛人」と報じられた女性Aさんらと2015年に設立していた事務所「T.Nゴン」に移籍した。

 Aさんとの再婚説もうわさされるが、関係者は「再婚については、まったく何の予定もありません」と否定。

 今年1月には、幹子夫人と離婚調停中であると報じられていたが、たけしはレギュラーを務めるTBS系情報番組「新・情報7days ニュースキャスター」(土曜、後10・00)で「もう調停なんか終わってるよ。バカヤロー!後はハンコを押すだけだ」などと話していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス