文字サイズ

維新・松井代表 老後2千万円問題「麻生御大のような裕福層の年金見直し」改革必要

松井一郎氏
1枚拡大

 日本維新の会の松井一郎代表=大阪市長=が12日、ツイッター投稿で、金融庁金融審議会が95歳まで生きるには夫婦で2千万円の貯蓄が必要と試算した報告書に衝撃が走っていることに、根本的な社会保障改革が必要と唱えた。

 諮問した麻生太郎金融担当相が報告書の受け取りを拒否したが、不都合事実の隠蔽と指摘されている。これに松井氏は「麻生御大のように」と切り出し「年金をあてにする事無く人生を最後まで豊かに過ごせる方々には年金支給を見直し、年金以外の所得が無く、資産も無い高齢者の支給額をアップする社会保障改革が必要です」と、年金制度の見直しが必要と指摘した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス