文字サイズ

竹田恒泰氏「対韓国友好こそがリスク」と持論 「無視するのが正しい」

 竹田恒泰氏
1枚拡大

 明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏が12日、ツイッター投稿で、今後の日韓関係に関する持論を展開した。

 「対韓強硬論がリスク?」と、地道な日韓関係改善への努力が必要とする記事を引用し「いやいや、対韓国友好こそがリスクであることは歴史が示している」と指摘した。

 「韓国は日本にとって、もはや『友好国』ではなく『なんでもない国』になった。戦略的に無視するのが正しい姿勢」と主張し「首脳会談も不要である」とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス