文字サイズ

山里、合鍵がプロポーズのきっかけ 「深い意味でも…」に加藤絶叫「そんな最短距離」

 南海キャンディーズの山里亮太が6日、日本テレビ系「スッキリ」で、結婚した蒼井優へのプロポーズの経緯を明かし、MCの加藤浩次が「全部上からじゃねえか!」「そんな最短距離あるか?」と絶叫した。

 番組では山里が生出演し、蒼井との結婚について赤裸々に告白。5日に行われた会見では、蒼井と交際する際に「ちょっと僕と付き合ってみます?」と言ったことや、すぐに「結婚を念頭に置いています」と告げ、蒼井も「私もです」と言ってくれたことなどが明かされているが、番組MCの加藤浩次は、プロポーズの正式な言葉について突っ込んだ。

 山里は「僕の家に(蒼井が)来てもらった時に、僕が先に家を出なくちゃいけなくなって。鍵を持って出られないので、そこで『重いと思わないで頂きたいが、鍵を渡してもいいですか?』」と蒼井に聞いたところ「深い意味でもいいですよ」と返答があったという。

 これを聞いた山里が「え?すいません。僕と結婚してみます?」と聞いたところ「はい」と答えてくれたと明かすと加藤は「おいおいおい!」と絶叫。「そんなんあるか?全部上から言ってるじゃねえか。付き合ってみます?結婚してみます?あるかい、そんな最短距離あるか」と、ほぼデートもせず、交際2カ月で結婚できた驚きの経緯に絶叫が止まらなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス