文字サイズ

西島秀俊 原作者・かわぐちかいじ氏からの手紙に「感無量」

 舞台あいさつを行った(右から)深川麻衣、藤竜也、佐々木蔵之介、西島秀俊、本田翼、市原隼人、若松節朗監督=東京・TOHOシネマズ日比谷(撮影・開出牧)
 舞台あいさつを行う西島秀俊=都内(撮影・開出牧)
 舞台あいさつで「こんばんは」とあいさつし顔を隠す西島秀俊=都内(撮影・開出牧)
 舞台あいさつを行う西島秀俊(中央)。左は本田翼、右は佐々木蔵之介=都内(撮影・開出牧)
4枚4枚

 俳優の西島秀俊(48)が24日、都内で行われた主演映画「空母いぶき」の初日舞台あいさつに登壇した。

 国籍不明の潜水艦と自衛隊の護衛艦による攻防を描いた人気漫画の実写版。初日に合わせ、原作者のかわぐちかいじ氏から「これ以上の本望はありません」と手紙が届いた。自衛官を実際に取材するなど役作りして臨んだ西島は「実写化が難しい、高いハードルの中で完成し、素晴らしいお手紙をいただけたのは感無量です」と笑顔を浮かべた。

 一方、首相役を演じるにあたりすぐに腹をくだす設定を自ら提案したと雑誌インタビューで明かし、一部で“炎上”した佐藤浩市(58)は登壇せず。関係者によると3月からスケジュール都合で欠席が決まっていたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス