文字サイズ

マミー刑事こと長谷直美、還暦で初主演映画 ゴリさん竜雷太と再会し「丸くなられた」

会見中にもかかわらず携帯電話で話し始める長谷直美(右は熊切あさ美)=東京日本橋人形町のBase KOM(撮影・園田高夫)
新作映画をPRする(左から)原隆仁監督、長谷直美、熊切あさ美、水口晴幸=東京日本橋人形町のBase KOM(撮影・園田高夫)
2枚2枚

 女優の長谷直美(63)が23日、都内で開かれた、タレント・熊切あさ美(38)とのW主演映画「悪い女はよく稼ぐ」(6月8日公開)の取材会に出席した。

 17歳でミス・エールフランスコンテストに入選して芸能界入りしてから46年。今作で初主演を務め、「還暦を迎えて初主演となり、幸せ一杯、胸一杯」と喜んだ。熊切と共に演じた女詐欺師役に「詐欺師の役、板に付いています」と、手応え一杯に語っていた。

 今作には1970~80年代に放送された日本テレビ系ドラマ「太陽にほえろ!」チームが集結している。マミー刑事として出演していた長谷はゴリさんこと俳優・竜雷太(79)と再会し、「竜雷太さんは怖くて近づけなかったが、本当に丸くなられた」と、時の流れをしみじみと感じていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス