文字サイズ

木村進さん おばあちゃん役に情熱…通夜で喪主の妹龍子さんが明かす

 取材に応じる妹の木村龍子さん=大阪市内(撮影・山口登)
3枚

 19日に腎不全のため死去した元吉本新喜劇座長で喜劇俳優の木村進さん(きむら・すすむ、本名同じ。享年68)の通夜が21日、大阪市内でしめやかに営まれた。二代目博多淡海さんを父にもち、23歳の若さで新喜劇座長に就任した木村さんとの別れには、名コンビとしてファンを沸かせた間寛平(69)、池乃めだか(75)、オール巨人(67)らが参列した。

 喪主を務め、最期を看取った妹・龍子(たつこ)さん(67)によると、木村さんは数年前から施設暮らしだったといい、施設から様子がおかしいと連絡を受けたという。木村さんは駆けつけた龍子さんのことも分からず、「頭が痛い」と繰り返したため、大阪市内の病院に救急搬送された。龍子さんは医師から覚悟をするように伝えられたという。その後、18日に寛平が夫人を伴って見舞いに訪れても、反応しなかったという。19日に新喜劇女優・楠本見江子(72)らが見舞った後に息を引き取ったという。

 MBS「モーレツ!!しごき教室」などでも共演した寛平とは大親友だった。20代のころは寛平が木村さんの新婚家庭に居候。87年に三代目博多淡海を襲名した木村さんが、88年、襲名披露全国公演中に脳内出血で倒れて左半身に障害が残って車イス生活になった後も親交は続いた。正月には木村さんにお年玉を持っていくなどした寛平について、龍子さんは「感謝しかない」と涙ながらに語った。

 遺影は、龍子さんが「男前に撮れてるんでは」という20代後半の1枚だった。龍子さんによると、木村さんは療養中に「おばあちゃん役ができなくなる」と言って長期間、髪を切らなかったこともあるという。女性人気も高かったスターは、舞台復帰への夢を持ちながら天国へ旅立った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス