文字サイズ

郷ひろみ、山手線「六本木に止まると思ってた」令和には「駅名ちゃんと覚えたい」

郷ひろみ
1枚拡大

 歌手の郷ひろみが15日、NHK「ごごナマ」で、令和に挑戦したいことを聞かれ「山手線の名前(駅名)を覚えたい」と答え、船越英一郎、美保純を大笑いさせた。

 番組では始まる直前にゲストへ短い質問をするコーナーがある。この日の郷には「令和になって始めたことは?」という質問が。

 これに郷は「始めてみたいことなんですが」とこれから挑戦したいこととして「山手線が六本木に止まると思ってたんで、ちゃんとした山手線の名前を覚えたい」と答え、スタジオは爆笑。

 質問した船越も「山手線ゲームがお勧めです」と呼び掛け、郷も笑っていた。

 郷はその後のコーナーでは、ドラマで共演した故・樹木希林さんの思い出も披露。希林さんとは70年代に大ヒットしたドラマ「ムー」で共演。その後も大ヒット曲「林檎殺人事件」などでデュエットするなど、仕事で一緒になることが多かった。

 徹底した役作りをしていた希林さんからは「泣くのは簡単。笑うことを勉強しなさい」と初対面で言われたことを明かし「今でも心に残っている」と感謝していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス