文字サイズ

東出昌大、初主演連続ドラマの役柄「重かった」 犯罪加害者の追跡調査役

 舞台あいさつを行った(左から)青柳翔、新川優愛、東出昌大、松重豊、瀬々敬久監督=都内
1枚拡大

 俳優の東出昌大(31)が25日、都内で行われた、初主演となるWOWOWの連続ドラマ「悪党」(5月12日スタート。日曜、後10・00)の完成披露試写会で舞台あいさつを行った。

 犯罪加害者の追跡調査役で、自身も姉を殺害された過去を持つ男を演じた東出は「非常に重かった。被害者遺族になって人生が一変したことだけは忘れないようにしようと」とコメント。

 共演の新川優愛(25)からは、撮影中に俳優としての心構えを問われ続けたと明かされ、「そんな話をしたのは覚えてます」と照れ笑いした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス