文字サイズ

佐良直美さんが35年ぶりNHK生出演 「昭和の昔からやってまいりました」

 元歌手で、現在は家庭犬しつけ教室を主宰している佐良直美さんが25日、NHK「ひるまえほっと」に生出演した。佐良さんのNHK生出演は35年ぶり、生ではないNHK出演も31年ぶりだという。

 番組冒頭、「昭和の昔からやって参りました」とあいさつした佐良さんは、NHKが31年ぶりの出演だと振られると「生放送は35年ぶり。『ひるのプレゼント』以来ですって」と、70年から91年までNHKで昼の平日に放送されていた懐かしい番組の名前を挙げた。

 MCの島理沙アナから「平成が終わろうと言うときに(来て下さって)」と感謝されると「昭和のがらくたが…」と自虐コメントでスタジオを笑わせた。

 佐良さんは紅白歌合戦には67年から13回連続出場、紅組司会も通算5回務めるなど、超売れっ子歌手だった。

 そんな佐良さんは現在、家庭犬のしつけ教室を主宰。現在は「猫100匹、犬は50弱」というたくさんの動物と暮らしているという。だがこれでも動物の数は減ったといい、「一時は大変な数。犬も98いた」と振り返った。

 栃木県内に引っ越した当初は「年間30頭捨てられた。家の門の前に」と、佐良さんの自宅前に犬や猫が次々と捨てられる現状があったとし「これは飼い主教育をしないとダメだと思って始めました」と、犬猫のしつけはもちろん、飼い主である人間も一緒に教育しようと始めたという。

 佐良さんは「ペットは我々の癒やしになるが、それ以上に私たちが彼らの癒やしにならないといけない」と呼び掛けていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス