文字サイズ

「いだてん」後半は「元気すぎるチーム戦」 雰囲気がらっと変わる…ドラマ統括

 NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の後半、阿部サダヲが主演を務める第2部の出演キャスト発表が24日、東京・渋谷の同局で行われた。

 1932年・ロサンゼルス五輪、36年・ベルリン五輪を中心に描かれ、阿部が日本水泳界の黎明期を支えた田畑政治を演じる第2部。「前畑、ガンバレ!」の実況で有名な、日本女性で初めて金メダルを獲得した女子水泳の前畑秀子を上白石萌歌が、「がんばれ」実況を行ったNHKアナウンサーの河西三省をトータス松本が演じることが発表された。

 また日本水泳勢として斎藤工、三浦貴大、林遣都、大東駿介、皆川猿時が出演する。

 ドラマの訓覇圭・制作統括は、中村勘九郎が主人公・金栗四三を演じている前半と比べて「とにかくドラマの感じががらっと変わります」と説明した。

 「前半も明るいですが、どこか(物語に)金栗さんたちで背負ってるところがありますが、田畑さんはチーム戦になってきます」と解説。現在、進んでいる撮影を「阿部さんが明るいんで、どんどん時代背景が暗くなる中、明るく仕上がって、楽しいですね。元気すぎるだろうというほど元気です」と明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス