文字サイズ

NGT山口真帆 暴行問題「目をそらさないなら辞めろ、がグループの答え」

 昨年12月に新潟市内の自宅で、男性2人から暴行される被害を受けていたNGT48の山口真帆(23)が21日、新潟市のNGT48劇場で行われた、副キャプテンを務めるチームGの「千秋楽公演」である「逆上がり」公演に出演。グループからの卒業を発表した。

 「きょうは紙に書いてきたので、みなさんへ今まで黙ってた思いを言いたいと思います」と涙声で詰まりながら「このグループに変わってほしかった」と無念の思いを吐露。「目をそらしてはいけない問題に対して、そらさないなら辞めろ、新生NGTがはじめられない、というのがこのグループの答えでした」と語った。

 「なにをしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルができる居場所はなくなってしまいました」と卒業を表明。

 「私はこのグループが大好きでした」と、これまでの行動は好きなグループと、仲間のためだったと説明した。

 「そして、今は会社を攻撃する加害者……だとまで言われてますが、ただメンバーを守りたい、まじめに活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかった」と述べた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス