文字サイズ

安倍首相スベったんかーい 吉本新喜劇に飛び入り出演「ホンマに本物です!」大阪弁も…

 池乃めだか(左)、すっちー(右)とともに舞台に立った安倍晋三首相=大阪市内
1枚拡大

 安倍晋三首相(64)が20日、大阪・なんばグランド花月(NGK)の吉本新喜劇に飛び入り出演した。歴代総理がNGKの公演に出演するのは初。大阪弁や人気番組の合言葉を使い、大阪で6月に開催されるG20をPRしたが“笑いの殿堂”でのパフォーマンスはスベり気味に終わった。

 座長のすっちー(47)や池乃めだか(75)の呼び込みで首相が舞台に登場すると、場内は「うそ~」と騒然。出演者が「本物ですか?」と尋ねると「ホンマに本物です!」と大阪弁を繰り出してみせた。

 首相はこの日、「G20大阪サミット」の視察や衆院大阪12区補欠選挙の自民党候補応援の合間を縫ってNGKを訪れた。舞台ではG20開催に理解を求め「経済や地球温暖化などの問題を解決する。『四角い仁鶴がまーるく収める』解決策を見いだしたい」と、吉本興業の落語家・笑福亭仁鶴(82)のNHK「生活笑百科」での名物フレーズを持ち出して必死にアピール。終始笑顔でご満悦の様子だったが、声が通りにくいこともあり客席の反応はいまひとつだった。

 NGK周辺はSPや警察官が厳重警戒にあたり、異例のピリピリムード。客席にもSPが配置され、すっちーは「SPの鋭い目が気になって…」ともらしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス