文字サイズ

NGT、現存チーム解散はメンバーと運営の話し合いで決定

 昨年12月にメンバーの山口真帆(23)が、男性2人に暴行される騒動が発生したアイドルグループ・NGT48が11日、グループの公式サイトで、現存のチームを解散し、新たに全メンバーを1期生と研究生に分けて再スタートを切ることを発表した。

 NGTの運営会社であるAKSの関係者によると、チーム解散は、支配人の早川麻依子氏らスタッフとメンバーが話し合いを行って決定した。理由としては、現状でグループの人数が不足しており、チームの維持が困難であることと、一度体制をリセットして、メンバー一丸となって改めてやり直したいというメンバーの意志があったという。

 現存するチームN3とチームGは、21日に新潟市のNGT48劇場で「千秋楽公演」を行う。山口は現在、チームGの副キャプテンを務めているが、千秋楽公演の出演メンバーについては「決定次第ご案内申し上げます」としており、山口の出演および今後の活動については未定となっている。

 NGTでは、今年1月に山口の騒動が発覚後、チームとしての公演は行っていなかった。研究生公演やソロ公演は行っていたが、3月末に発表された、4月前半の劇場スケジュールは全て「休館日」で“開店休業”の状態となっていた。

 3月22日には、AKSの取締役らが新潟市内で会見を行い、2月1日に発足した第三者委員会による報告書について発表。山口の騒動にメンバーの関与はないとした。だが、新潟県や新潟市、JR東日本などが、軒並みNGT48との広告出演契約を解除および更新を見送りとしており、テレビとラジオの冠番組もすべて終了や放送休止に追い込まれるなど、騒動の影響がさらに広がっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス