文字サイズ

赤江珠緒、ピエール瀧被告から電話 テレビ電話でやり取り「みんなに謝っといて」

 フリーアナウンサーの赤江珠緒が9日、TBSラジオ「たまむすび」で、5日に保釈されたピエール瀧被告と電話で話したことを明かした。

 番組では、火曜パートナーの山里亮太の誕生日が4月14日であることから、出演者の誕生日は春の人が多いという話題に。赤江は「長期離脱している瀧氏も」と、かつての木曜パートナーで前日の8日に52歳誕生日だったピエール瀧被告の名前も上げた。

 赤江は続けて「それでいうと、保釈されて出てきた…電話がありました」と瀧被告から電話がかかってきたと明かし、山里も仰天。「謝っておいてと。みんなに謝っておいてって」と言っていたことを伝えた。

 その電話で瀧被告は「顔を見たいからテレビ電話に」とテレビ電話に切り替えたというが、赤江は「アナログ人間なんで」「なんのこっちゃと思ったら、切り替わったらこっちも映るのね」と赤江が瀧被告の顔を見られるだけではなく、瀧被告側にも赤江の顔が映ってしまうことを初めて認識。「こっちもさらされるのね。そういうの言ってくれないとさあ。ああいうところはホント、変わってないな」と苦笑した。

 テレビカメラに映った赤江の顔を見た瀧被告は「赤江さん、中坊感増してない?って。そりゃそうだよ、お風呂も入ってすっぴんだよ、こっちはって」と変わらぬやり取りも披露した。

 これを聞いた山里は「こっから大変な事もあるかもしれないけど、よかったよ」と胸をなで下ろしていた。

 瀧被告は同番組の木曜パートナーだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス