文字サイズ

エビ中 ドラマ「神ちゅーんず」スタート直前イベントで大盛り上がり

ドラマ「神ちゅ-んず~鳴らせ!DTM女子~」公開記念イベントに参加した(左から)板垣瑞生、私立恵比寿中学の星名美怜、中山莉子、安本彩花、柏木ひなた、小林歌穂、真山りか=大阪市内
1枚拡大

 6人組アイドル・私立恵比寿中学が31日、大阪市内で行われたテレビ朝日系の主演ドラマ「神ちゅーんず~鳴らせ!DTM女子~」(関東は4月6日スタート、深夜2・30。関西は4月7日スタート、日曜、後11・35)公開記念イベントに、俳優の板垣瑞生(18)とともに参加した。

 「神ちゅーんず事前説明会 春の入学前ガイダンス」と銘打ったこの日のイベント。観客から歓声で迎えられた6人は、撮影を終えた感想を交えて自己紹介。放映前の第1話、メイキング映像も披露された。さらに、各メンバーがお気に入り写真を選んでのエピソードトークで盛り上がった。

 柏木ひなた(20)は「一番最後のシーン」を選び、「主題歌『トレンディガール』をみんなで踊るっていう文化祭当日のシーンで、ステージは学校の屋上。エキストラの方が下で応援してくれてたんですが、1月で半袖がすごく寒くて。でも、みんなで毛布にくるまりながら、すごい楽しかったです」と振り返った。

 真山りか(22)は自身の頭に「iPhone」を装着した1枚。「今回のドラマはiPhoneで撮影してるので、私たちも視点カメラみたいな感じで撮っていました。これはバトルシーンだったんですけど、リアルに撮れましたね」。安本彩花(20)も柏木と互いにiPhoneを装着して撮影し合ったといい、「ズームの仕方も自由にしていいよと言われて、少しだけ演出に参加できた気分」と笑顔を見せた。

 今作は青春音楽群像劇で“永遠に中学生”のメンバーが女子高生に扮(ふん)し、友情に恋、ライバルや家族との衝突、時には大人たち思惑に傷つき振り回されながらも世界に通用する「神曲」を作るという夢に向かって突き進む。

 音楽は本人役で出演する「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(30)が完全プロデュース。川谷が作詞・作曲を手がけたエビ中の新曲「トレンディガール」が主題歌に決定。川谷×エビ中の劇中歌「あなたのダンスで騒がしい」もドラマ本編に登場する。

 なお、7月6日には東京でイベント「神ちゅーんず終業式~楽しい思い出を振り返ろう~」が開催される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス