文字サイズ

草なぎ剛 猫ひろしに完敗、4分差付けられる…パラ駅伝に走者として参加

パラ駅伝に参加した草なぎ剛=駒沢オリンピック公園陸上競技場(撮影・棚橋慶太)
スペシャルライブを行った(左から)稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛=駒沢オリンピック公園陸上競技場(撮影・棚橋慶太)
パラ駅伝を走り終え苦しそうな表情をみせる草なぎ剛=駒沢オリンピック公園陸上競技場(撮影・棚橋慶太)
パラ駅伝で稲村亜美(右)からたすきを受け取りスタートする草なぎ剛=駒沢オリンピック公園陸上競技場(撮影・棚橋慶太)
4枚4枚

 元SMAP稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)が24日、東京・駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われた「パラ駅伝 in TOKYO 2019」に参加。草なぎはオープン参加のチーム「i enjoy!」のメンバーとして駅伝にも出場した。

 3人は、大会を主催する日本財団パラリンピックサポートセンターのスペシャルサポーターで、昨年に続いての登場となった。走者を務めるのは初で、草なぎは8区間中の4区を担当。カンボジア代表のチームで同区間を務めた、タレントの猫ひろし(41)から数秒遅れでスタートした。

 フルマラソンで2時間27分台の記録を持つ猫のペースに負けじと飛び出したが、「競技場を出たところでもうキツかった」とオーバーペースは歴然。最後は稲垣や香取に「最初の勢いはどうした!」「行け!草なぎ!」とハッパを掛けられ、何とかたすきを次走者に渡した。2・342キロで、猫の7分35秒に対して草なぎは11分56秒を要したが、走り終えると「ああ、超気持ちいい!自分とすごい向かい合って、また頑張ろうと思えた」と興奮気味。「今日からまた鍛えます」と宣言し、来年の出場も見据えた。

 駅伝の終了後には、3人でスペシャルライブも実施。昨年を上回る1万7500人の大観衆を前に、「#SINGING」「雨あがりのステップ」を披露した。香取は「これからも皆さん、一緒にパラスポーツを盛り上げましょう!」と呼びかけ、歌って踊って走ってのイベントを締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス