文字サイズ

ムロツヨシ“謝罪”連ドラ制作発表なのに…主演・小栗旬がいない

 会見した(左から)松重豊、高良健吾、多部未華子、新田真剣佑、ムロツヨシと小栗旬の等身大パネル
2枚

 俳優のムロツヨシ(43)が19日、都内で行われたテレビ東京系ドラマ「二つの祖国」(23、24日、後9・00)の制作発表に登場し、主演の小栗旬(36)が不在という異例の会見を“謝罪”した。

 山崎豊子さんの名作を民放で初めて映像化。小栗がオーストラリアで別作品の撮影をしているため、ムロは「一番最初にキャストであいさつするのが私とは…。小栗旬不在、本当に申し訳ございません」と笑わせた。

 小栗はテレビ中継で途中参加し「ハハハ。どうも~。そこにいけずに申し訳ありません。ヤッホー」と軽いノリであいさつ。画面ごしに「いろいろな世代の方に見ていただき、自分だったらこうかなとか考えてもらえる作品になっていると思います」とPRした。

 ムロによると、15年来の親交がある小栗から直々に「前にドラマ化されたとき(1984年放送、NHK『山河燃ゆ』)は沢田研二さんが演じた役。今の沢田研二さんはムロさんだと思う」と口説かれ、出演を決めたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス