文字サイズ

辰巳琢郎「政治は政治に向いた方がやるべき」FBで不出馬理由説明

報道陣に笑顔を見せながら自宅を出る辰巳琢郎=都内(撮影・出月俊成)
報道陣に笑顔を見せながら自宅を出る辰巳琢郎=都内(撮影・出月俊成)
2枚

 大阪府知事選への出馬を見送った俳優の辰巳琢郎が11日、都内の自宅から姿を見せ「フェイスブックに書きましたので…」とだけ語り、車に乗りこみ、外出した。辰巳がこの日更新したフェイスブックには「数日間悩み、友人知人に相談し、家族とも話し合って出した結論です」と説明。大阪都構想には関心を持っており、「大きな意味では支持している」ともつづったが「政治は政治に向いた方がやるべき」と訴えた。

 辰巳は「昨日の深夜、大阪府知事選への出馬を正式にお断りしました」と切り出し、「光栄だと思ってますと、毎日新聞の取材に答えてしまったことが、騒ぎを大きくした原因だと反省しています。申し訳ありません」と謝罪した。

 ただ「オファーがあれば誠意を持ってお話を伺うのが、これまでの僕のポリシー」ともつづり、正面からオファーを受け止め熟考したとも説明。数日間悩み、周囲に相談した結論が不出馬だったとした。

 大阪都構想については「当初から関心を持っている」とし、W選挙には全面賛成ではないものの「大きな意味では支持しています」。大阪を二分する対決に「当初から違和感を覚えていました」ともつづった。

 昨年還暦を迎えたことで「論語では耳順です」ともつづり「周囲の意見をよく聞いて従うのではなく、天の声に従えということだと理解しています」「出馬するのは自然なことではないとの天の声が聞こえた、と捉えていただくのも良いかもしれません」と、出馬見送りは自然な流れだったともつづった。

 辰巳は現在、「日本のワインを愛する会」の会長でもあり、「ライフワーク」とも言い切る2番組「辰巳琢郎の葡萄酒浪漫」「辰巳琢郎の家物語」に対する責任もある。その他にも映画、舞台など芸能活動が目白押し。「政治は政治に向いた方がやるべきだと改めて思います」とキッパリ。

 この日もこれから「埼玉ロケ」だといい「これ以上お話出来ることはありません。お騒がせしてしまったこと、重ねてお詫び申し上げます」と結んでいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス