文字サイズ

三崎容疑者 脱税で逮捕 青汁王子の馬主資格どうなる?「禁錮以上の刑確定で取消」

 競馬のセレクトセールに訪れていた三崎優太容疑者=2018年
1枚拡大

 東京地検特捜部は12日、約1億8千万円を脱税したとして法人税法違反などの疑いで、ダイエット効果をうたった青汁などを販売する「メディアハーツ」(東京)の社長三崎優太容疑者(29)=住所不定=を逮捕した。三崎容疑者は「青汁王子」としてテレビやインターネットの番組に出演。「月収は1億円」など、ど派手な私生活を積極的に発信していた。

 三崎容疑者は昨年JRA(日本中央競馬会)馬主資格を取得。7月には高額馬が取引されるセレクトセールの会場に、鮮やかなピンクのジャケット姿で登場し、「ベガスナイト17」(牡)を1億1000万円(税抜き)で落札するなど計4頭をゲット。購入総額は2億2400万円に達した。

 今回の逮捕で馬主資格は一体どうなってしまうのか。

 JRAは「個別のケースにはお答えしかねます」と前置きし、「逮捕されたから即資格が取消になるというものではありません。施行規程にあるように、禁錮以上の刑が確定した場合に取消となります」と返答。現時点で“青汁王子”は容疑を否認しているという。

 セレクトセール当日、「結構インパクトのある買い物でしたね。金持ちによるプライドの戦いという感じで、いい刺激になりました。まずは初勝利を。できれば重賞を勝ってほしい」と愛馬の活躍を期待していた同容疑者。早ければ今年初夏にもデビューする馬たちの今後が心配だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス