文字サイズ

津川雅彦さん&朝丘雪路さん長女 44歳で歌手デビュー、亡き両親に思い伝えたい

歌手デビューイベントで熱唱する真由子=六本木クラップス(撮影・園田高夫)
東京エキゾチカのメンバーたちと写真に収まる真由子(左から4人目)=六本木クラップス(撮影・園田高夫)
両親を思い涙する真由子=六本木クラップス(撮影・園田高夫)
歌手デビューイベントで熱唱する真由子=六本木クラップス(撮影・園田高夫)
4枚4枚

 昨年死去した俳優・津川雅彦さんと女優・朝丘雪路さんの長女で女優・真由子(44)が歌手デビューすることが6日、分かった。この日、東京・六本木のライブレストラン「クラップス」で行われた発表会&プレミアムライブで「クライ・ミー・ア・リバー」など全3曲をお披露目した。

 朝丘さんが最後に立ったというステージで、両親の思い出の曲を歌い上げた。バンド「東京エキゾチカ」とタッグを組み、ボーカルを務める真由子は朝丘さんが子守歌に歌ってくれていた楽曲でアメリカのポピュラーソング「クライ・ミー・ア・リバー」、父親が好きだった別れの歌「テネシー・ワルツ」と2曲披露。朝丘さんが同所で歌っていた映像が流れると涙を見せ、最後に朝丘さんの隠れた名曲「別れのスナック」を歌った。

 昨年4月に朝丘雪路さん、あとを追うように同年8月に津川さんが亡くなった。44歳での歌手デビューについて、「2人一気に亡くなってしまったときに、人に歌で思いを伝えることができたらと思った。そんなときにこの(歌手デビューの)話を頂いた」と説明。「母を見てきたので歌い方は似ちゃっていると思います」とほほえんだ。

 「母は天然(キャラ)で、大失恋の曲『クライ・ミー・ア・リバー』を子守歌に歌っていた。父はイクメンの走りのような人。母の自慢は、『親がなくても子は育つとママが証明したもんでしょ』と言っていた」と両親を懐かしみ、歌唱については「父は褒めてくれることはないので、ダメ出しを言っていると思う。母は『ありがとう』と言って、隣で一緒に歌ってくれていると思う」と話した。

 2人の偉大な血を引いた真由子は、「私の中に流れている父母の血をいかしていければ。この歌も父と母がくれたチャンスと思って頑張っていきたい」と涙ながらに決意を語っていた。

 「東京エキゾチカwith真由子」として、5月中旬に都内でデビューライブを行う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス