文字サイズ

フジのニュースで大坂対戦相手の順位、2度間違えるハプニング

フジテレビ・内野泰輔アナ
1枚拡大

 23日に放送されたフジテレビ「プライムニュース アルファ」(月~木曜、午後11・40、金曜、深夜24・10)で、テニス・全豪オープンを取り上げた際、選手の順位を2度間違える場面があった。

 現地時間23日に開催された世界ランク4位の大坂なおみと同7位のスビトリナとの準々決勝。6-4、6-1のストレートでスビトリナを下した大坂のインタビューVTRが終わった後で、スポーツキャスターの内野泰輔アナウンサーが「先ほどね、対戦相手のスビトリナ選手、じゃなくて、あ、スビトリナ選手ですね、世界ランク7位と出たんですが、実は9位でした。すみませんでした」と世界ランクの順位を間違えたことを謝罪し、訂正した。

 その後、錦織圭とジョコビッチの試合の映像をオンエア。今度はそのVTR終わりで、スタッフから紙が手渡され、内野アナが「えっ」と一瞬もらした。

 すぐにメーンキャスターの椿原慶子アナが「さ、さきほどのスビトリナ選手…」と切り出し、内野アナが「正式には世界ランク7位でした。大変失礼いたしました」と再び順位を7位に戻す形で訂正。椿原アナが「ナレーションが間違っていた、ということです」と補足説明した。

 スビトリナの順位は7位→9位→7位とめまぐるしく変わっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス