文字サイズ

純烈・友井「脱退」表明、芸能界も引退 報道認め謝罪「甘くずるかった」

会見で泣きながら謝罪する純烈・友井雄亮(撮影・開出牧)
2枚

 週刊誌で複数の交際女性への暴力や金銭問題、不倫疑惑を報じられたムード歌謡グループ「純烈」の友井雄亮(38)が11日午後5時から都内で記者会見を行い、週刊誌報道について「事実でございます」と認めた。今後の活動については「僕は脱退し、芸能界から身を引きます。」と涙で話した。会見では何度も「僕のずるさと甘さがこの事態を招いた」「僕が甘くずるかった」と繰り返した。

 黒いスーツ姿の友井は、マイクを握り、まず3分弱、1人で語った。「こんな形で信頼を裏切ってしまった行動をしてしまい、大変申し訳ございませんでした。」と頭を下げ、「これまでの自分の生き方や考え方、ずるかった自分、甘かった考えが今回の事態を招いてしまった、と今痛感しています。本日は正直にすべて話し、2度と過ちをおかさないよう、償いながら生きていきたいと思います」と3度目となる頭を下げた。

 その後、報道陣との質疑応答に応じた。

 週刊誌では結婚を前提に同棲していた女性Aさんに度重なる暴力(DV)を行い、妊娠、流産させたこと、別の女性B子さんとはA子さんと二股交際し、B子さんの貯金3000万円を使い込んだことなどが報じられた。

 週刊誌報道については「事実でございます。深くおわびします」と頭を下げたが、グループからの脱退、芸能界引退を口にし「メンバー、メンバーの家族、レコード会社の方々…僕の一件でどれだけの迷惑をかけたか…。相手方のご家族も…」と話した時には涙で声を震わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス