文字サイズ

高須氏、韓国軍のレーダー照射「日本をなめとる」「開き直りの韓国」と指摘

 高須クリニックの高須克弥院長が22日、ツイッターで、韓国海軍の駆逐艦が日本海で海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題に関して「日本をなめとる」と憂えた。

 韓国メディアが、韓国国防省筋は北朝鮮の遭難船舶の捜索のためとしていると伝えていることに「北の船は空を飛ぶのか」と疑問を呈し「いつも日本に謝罪を求めるくせに謝罪もせず開き直りの韓国」との指摘を展開した。

 防衛省は公式HPで、今回の問題に関して「火器管制レーダーは、攻撃実施前に攻撃目標の精密な方位・距離を測定するために使用するもの」と説明し「不測の事態を招きかねない危険な行為」と指摘。「遭難船舶を捜索するためには、水上捜索レーダーを使用することが適当」としている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス