文字サイズ

M-1「上沼怒られ枠」はギャロップ「何してたんや今まで!」…まさかの時間差攻撃

 漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2018」決勝が2日、東京・テレビ朝日で行われ、13年結成の霜降り明星が優勝した。

 M-1名物となっている審査員・上沼恵美子の辛口批評は健在。16年のスリムクラブ、17年のマヂカルラブリーへの激怒節と比べると、今年はかなり穏やかだったが、随所で上沼節がさく裂した。

 スーパーマラドーナには89点。「入る時は、おもしろいなと期待できたわ。どんな展開なるんかなって、もうウキウキしたの。だからもう田中がんばれ、って感じだったんだけども、もうブシャーとしたわ。悪いけど。後半なると。親しいから言わしてもらうけど。しかし田中、ようしゃべれるようなったな」

 ジャルジャルには他の審査員が高得点をつける中、88点止まり。「振らんといて。ジャルジャルのファンなんですが、ネタは嫌いや。ごめんね」

 ギャロップには89点。「4分のネタではなかった。落ち着いて寄席みにいって、これから15分楽しくなるんやろうなっていう。惜しいな。ちょっと場所負けしたかな」

 (1度はやさしく終えるも、最後に時間差で再び)

 「自虐いうのはあんまりウケない。自分をさげすむというのは基本的には、あんまりウケないということを、こんだけキャリアあるねんから、知っとかなあかんわ。何してたんや今まで!」

 終了後のネットの反省会番組で、ギャロップの毛利大亮は「いまネットの中では、僕らが『上沼怒られ枠』になってるみたいです」と語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス