文字サイズ

乃木坂46・若月佑美 卒業発表後初めて心境語る 今後は「女優をやりたい」 

 卒業後のビジョンを語る乃木坂46・若月佑美=京都市内
1枚拡大

 1日に、乃木坂46を11月いっぱいで卒業することをブログで発表した若月佑美(24)が6日、京都・北野天満宮で行われたアートイベントに登場し、発表後初めて心境を語った。

 少し前から卒業について考えていたといい、「アイドルとしてマルチで活動させていただいた中で、1本でまっすぐにやることを選ばせてもらったのが、一番のきっかけ」と説明。今後のビジョンについて「お芝居が好きなので、女優をやりたい」と話した。

 自身と前後し、9月末には西野七瀬(24)、10月5日には能條愛未(23)と、2011年の1期生3人が相次いで卒業を発表。若月は「同じ94年(生まれ)組で同じ年にグループに入ったので、時の流れかなと思う。乃木坂すごいな、と言われるように、卒業した人も、(現役の)乃木坂も、同時に同じように頑張っていけたら」と“共闘”を誓った。

 イベントのオープニングセレモニーには若月のほか、秋元真夏(25)、桜井玲香(24)が出席した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス