文字サイズ

相撲協会「引退届」ではなく「退職届」にこだわったのは…八代弁護士「ひるおび」で指摘

 国際弁護士の八代英輝氏が26日、TBS系「ひるおび!」に生出演し、会見で「退職」ではなく「引退」という言葉を使った貴乃花親方の思いについて言及。「退職」では、二度と退社の理由を争えないと指摘し、今後、改めて日本相撲協会と対峙(たいじ)するために敢えて「引退」という言葉を使ったのでは?との持論を語った。

 貴乃花親方は会見で協会からの“圧力”があったと語ったが、協会側は真っ向否定し、言い分が食い違っている。これにMCの恵俊彰は八代弁護士に「圧力はどうやって証明?」と質問した。

 八代弁護士は「貴乃花親方は、勝算があって退職という言葉を使わないで、引退という言葉を使っていると僕は思った」と、“圧力”を後々に証明するために、“引退”という言葉を使ったのではと推測。

 「要するに、退職というと、法律的には自己都合退社になるので、二度と退社の理由は争えない」と説明。「引退というと、強制されて居場所を失ってその場を去るということにもなるので、引退となれば、去る理由を後日争うことができる」と語った。

 芝田山親方は25日の会見で、年寄が退職する場合は引退届ではなく、退職届が必要であると説明していたが、これに対しても八代弁護士は「どうしても退職届が欲しいんです。自己都合で退職して頂いた形にしたい。引退というニュアンスの不明なままでは受理できませんよと」と、協会側が「退職届」にこだわる理由も推測していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス