文字サイズ

岡田准一 “カメラマンデビュー”で大作監督から「心の目で見ろ!」

 賞状を手に笑顔の(右から)西島秀俊、岡田准一、木村大作監督=都内(撮影・開出牧)
1枚拡大

 V6の岡田准一(37)が19日、都内で行われた主演時代劇映画「散り椿」(28日公開)の、シニア夫婦限定試写会後に舞台あいさつを行い、カメラマンとしても撮影に加わっていたことを明かした。

 岡田は今作を手がけた木村大作監督(79)が斬られる役で出演したシーンを担当。カメラのオファーは突然だったといい、「大作さんが『俺が死ぬところを撮れ』と言うんですよ。僕はその日は休みだったんですが、呼び出されて彦根まで」と苦笑いした。

 撮影では木村監督が雨を大量に降らせることを指示。大雨のシーンを振り返り、「大作さんが斬られて、溺れました。(自分で)降らせた雨で溺れ、フレーム(の外)から手を出して『カット』って言ったんですよね」と笑った。

 暴露された木村監督は、「真上を向いたら口の中に雨が入って、『うわっ、うわっ』と失敗した。横向いたら、死を迎えました」と、芝居でミスをしたことに照れ笑い。岡田は西島の顔のアップも撮影したといい、木村監督は「西島さんのアップは豪雨で表情は見えない。血のりがかかっているのですが、ほとんど映ってませんでしたね」と言い、岡田が「何も見えません」と叫んだことから、「心の目で見ろ!」と言い返したことを明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス