文字サイズ

松本人志 新企画は“究極のパワハラ”「審議が入ったら完全にアウト」

イベントに登場したダウンタウン・松本人志=都内
1枚拡大

 ダウンタウンの松本人志(55)が19日、都内で、Amazon Primeで同日からネット配信された新番組「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE」の記者発表会を行った。

 松本が用意した仕掛けに対し、最後まで動かなかった人が優勝で、賞金100万円をゲットという新感覚バラエティー。

 「人選が良かった。みんな個々の力出してくれて」と自画自賛した松本に対し、チャレンジャーの口からは「殺意を覚えました」(鈴木奈々)、「悪く言うとパワハラ。いま第三者委員会にゆだねてますから」(諸星和己)などと不満が続出。

 これに松本は「本当に審議が入ったら、完全にアウトです。本気で訴えたら、全員勝てると思う」と、自ら“パワハラ認定”。

 「これが王様の遊びかなと」と笑い、「今のお笑いの最先端とは言わないけど、誰もやってないことをやってるんで、1回は見てもらいたい」と、自信を漂わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス