文字サイズ

漫談家 ひびきわたるさん腹水炎のため死去 75歳、9日に腹痛訴え緊急搬送

ひびきわたるさん
1枚拡大

 漫談家のひびきわたるさんが10日午後2時42分、腹水炎のため都内の病院で亡くなったことが11日、分かった。75歳。落語協会が発表。通夜・告別式は近親者のみで執り行う。

 所属事務所によると、ひびきさんは9日に腹痛を訴え、救急車で緊急搬送された。「奥さんが看取りました。8月末まで連絡が取れていたが、9月から折り返しがなかった」と説明。6月中旬に漫談を収録したNHK「真打ち競演」(ラジオ第一。土曜、前10・5)が最後の仕事だった。

 66年に辻ひろしとハッタリーズのドラムとして正式加入。68年にソロで漫談デビュー。キセルを使った声帯模写やフルートを使った漫談で人気となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス