文字サイズ

松本まりか ケンカツ9話出演「ホリデイラブ」里奈と重なる

 女優の松本まりか(33)が11日放送のフジテレビ系ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(火曜、後9・00)の第9話に出演する。松本は1月から放送されていたテレビ朝日系ドラマ「ホリデイラブ」で主人公夫婦を引っかき回す不倫妻・井筒里奈役を演じ、その“あざとかわいさ”と狂気の沙汰が反響を呼んだが、第9話の放送を前に今作で演じた役柄について「里奈と重なるところがあります」と制作する関西テレビを通じて、コメントを寄せた。

 ドラマは女優の吉岡里帆(25)演じる新人ケースワーカーが生活保護の現場を舞台に、新人公務員として奮闘し、現場で成長していく物語。松本は娘を残して4年間も男と姿を消していた母親・梓役を演じた。

 松本は撮影を振り返り、「すごく悩んだのは子供への愛はあるのに育児放棄してしまう母親の心理です」と感想。「ホリデイラブ」では狂気じみた役が話題になったが、「壊れているという意味では(今作でも)一緒だけれど、“ゆるふわ”ではないですよね」と笑った。その上で「表面上は全然違うかもしれない」としながらも「だけど、男性に対して依存しているってところは一緒です。色々、梓の成分を出してみると、里奈と重なるところがありますね」と語った。

 ドラマは生活保護をテーマにしているが、松本は「色んな人が出てくるけど、どっちが正しいと押し付けない所がいい。一概に“これではダメです”とか、“生活保護受給できません”“できます”という問題ではないんだということを教えてくれました」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス