文字サイズ

松原智恵子「いい企画に巡り合えた」 がん闘病の石田信之原作・脚本の朗読劇

 特撮ヒーロー「ミラーマン」で主人公・鏡京太郎を演じたがん闘病中の俳優・石田信之(68)が原作・脚本を担当し、女優・松原智恵子(73)が主演する朗読劇「遠き夏の日」の取材会が、大阪市内で行われた。

 女優・松原智恵子(73)が3日、石田が原作・脚本を担当した、全国ツアー中の朗読劇「遠き夏の日」の取材会を、大阪市内で開いた。

 終戦間際、特攻隊の出撃基地があった鹿児島・知覧を舞台にした恋物語。松原は「いい企画に巡り合えました。私は終戦の年ですが、戦争中に生まれた者として、2度と戦争が起こらない国を作るため、伝えていく役目があると思います」と作品への思いを語った。

 親交があった津川雅彦さんが8月に亡くなり、戦争体験を持つ先輩俳優が少なくなっていく現実を「だんだん私が一番上になってきてます」と寂しがった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス