文字サイズ

代理人・佐藤大和弁護士、ドン・ファン妻は事件に「関与していない」

 紀州のドン・ファンと呼ばれた酒類販売会社社長の野崎幸助氏が不審死を遂げた事件で、野崎氏の妻が15日、フジテレビ系「バイキング」のインタビューに応じた。生放送には妻の代理人である佐藤大和弁護士が出演。妻の事件関与について、改めて「やっていないと思う」と訴えた。

 番組では坂上忍がインタビュアーとなり、妻に単独取材。野崎氏との出会い、事件が起こった当日の様子、なぜ結婚したのかなど、赤裸々に語った。

 VTRを終えた坂上は「何が一番驚いたかって、このタイミングでインタビュー引き受けてくださるからにはもっと準備されてるだろうと思った。質問NGもなかった」と、あまりにも自分の言葉で赤裸々にしゃべった妻に驚いたと告白。それほど“無防備”なインタビューだった。

 佐藤弁護士は「見ている方が疑問や聞きたいことは、協力できることはしていく」とした上で、今回のインタビューについて「代理人として深く回答にタッチしていない」と、あえて想定問答などは用意しなかったと明言。「というのは、代理人の立場で恐縮ですが、本人と会った時に、ぼくはやってないと思いましたので、だからこそありのままに真実を語ってと」と、無実だからこそ何も準備しなかったと説明した。

 これに東国原英夫は「やってないというのは、実行犯という意味ですか?それとも関与していないと…」と確認質問。佐藤弁護士は「関与していない。まったく関与してない。これは本人の口から明確に申し上げる」と力強く答えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス