文字サイズ

浅草キッドが解散ギャグ?「七夕になるかも。彦星と織姫で」

浅草キッドの玉袋筋太郎(左)と水道橋博士=都内
1枚拡大

 オフィス北野所属の漫才コンビ・浅草キッドの水道橋博士と玉袋筋太郎が24日、都内で行われた鳥取県による「『星取県』条例できま“スター”記者発表会」に出席した。途中で博士が「七夕になるかもしれないので。彦星と織姫で」とコンビ解散をにおわせるドッキリ発言も飛び出した。

 鳥取県の星空の美しさをアピールするイベントのため、モニターに流れ星を映して願い事を言うというコーナーが設けられた。博士は「オフィス北野がつぶれませんように!消滅寸前ですからね」と口を開くと、続けて玉袋は「無事に独立できますように」と願いをかけた。コンビで食い違う願い事に博士が「もしかしたら、ここ。七夕になるかもしれないので。彦星と織姫で。1年に1回しか会えない可能性もあります」と続けていた。

 イベント後の囲み取材で真意を問われた玉袋は「ガハハハ。行間を読んでください」とひと言。ギャグかと念押しされると「じゃないですか?行間を読んでください」と繰り返した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス