文字サイズ

宝塚市の女性市長が切実訴え 相撲巡業で土俵立てず「悔しい、辛い」

宝塚市の巡業で土俵脇で挨拶に立った中川市長
1枚拡大

 大相撲春巡業は6日、兵庫県宝塚市で行われ、土俵に上がって挨拶することを断られた中川智子市長が土俵の脇で挨拶し、ファンや日本相撲協会に男女の「差別」を訴えた。

 「私も女性市長だけど人間です。開催市の男性市長は土俵に立って挨拶されます。私は急きょ作っていただいた台での上で挨拶させていただいています。日本相撲協会の方々、聞いて下さい。女性ということで土俵の上で挨拶できないのは、悔しいです、つらいです」。会場ファンは拍手で声援も飛ぶ一方、「上がるな」など否定的な声もあった。

 挨拶後は宝塚市役所で会見し、経緯を説明。昨年も宝塚巡業では今年同様に土俵脇で挨拶。ただ当時は開催市の市長は男女問わず、土俵に上がらないという認識だった。

 4日の舞鶴市の巡業で多々見良三市長が土俵上で倒れ、救命女性に対し、行司が場内放送で土俵から下りるように指示。そのことが大問題となり、中川市長は男性市長が土俵に上がっていることを知り、女性と扱いが違うことに疑問を感じた、という。

 前日5日に巡業の主催者側に「男性と同じ場所で平等にさせていただきたい」と申し入れた。主催者側からは「伝統に配慮して去年と同じ場所でお願いしたい」と返答があり、受け入れた。

 近日中に日本相撲協会側に申し入れ書を送る意向で「(土俵の)上でも下でもいいので(男女とも)同じ場所で平等に扱って欲しいと、議論して欲しいと申し入れます。返事をしっかり文書で頂きたいと思います」と、明言した。

 時代の変化を受け、協会に望むのは議論。「私は差別だと思っている」とキッパリ。「協会は検討する勇気を持ってほしい。一歩踏み出してほしい」と、約30分、熱弁を振るった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス