文字サイズ

小倉智昭、モト冬樹のスズメ飼育で違法通知の東京都へ「大岡裁きはないの?」

 小倉智昭
1枚拡大

 キャスターの小倉智昭が14日、フジテレビ系「とくダネ!」で、タレントのモト冬樹が弱ったスズメを保護していることで東京都から飼育禁止の文書が届いたことに「大目に見るとか、大岡裁きみたいなのはないの?」と、東京都の判断に首を傾げた。

 番組では、冬樹が昨年6月にカラスに食べられそうになっていたスズメを保護し、飼育していることから、東京都から違法であると通知が届いたというニュースを紹介。スズメなどの野鳥は鳥獣保護管理法により、無許可での捕獲や飼育は禁じられていることから、冬樹も番組の取材に「規則は破れない」「一番大事なのは我々よりスズメのことが心配なわけで、これ以上法律どうこうではなく、私と都の問題で解決しようと思っている」と語っている映像も流された。

 一連のVTRを見た小倉は「確かに法律からいくとやってはいけない事なのかもしれないけど、命を救ってあげて、なついたスズメでしょ?大目に見るとか、大岡裁きみたいなのはないの?」と、都の対応に厳しい表情。木下康太郎アナが「生態系が崩れてしまう…」と言うと「1羽だよ?」と納得いかないようにコメントした。

 番組では傷ついた野鳥を見つけた際には「基本はそっとしておいて。都に相談してください」という都環境局のコメントも紹介。すると小倉は「(都と)相談して、都知事になるのかな、許可をもらったらどうなる?」と木下アナに聞くと「許可を得ている人が許可を得た範囲でスズメなどを獲るのは認められている」と説明。小倉は「冬樹さん、申請してみたら?」と提案し「冬樹さんの愛情を感じるけどねえ」と、冬樹の行為に理解を見せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス